産学行政連携支援

資源循環型ものづくり(IMS)研究会

設立趣旨

これまでのような産業発展が拡大し続ければ、有限な資源は枯渇し、地球環境が損なわれるなど、重大な影響を与える恐れがある。このため、資源やエネルギーを最大限有効活用し、工業製品の廃棄を極力抑制し、環境への負荷をできるだけ軽減させる必要がある。
このため、「世界的な産業技術の中枢圏域」と位置づけられる当地域に集積している卓越した生産技術を生かして、従来の生産プロセスの「順工程」(設計→生産→販売→消費→廃棄)に「逆(インバース)工程」(未利用資源の回収、再製品化、再材料化、再エネルギー化等)を組み込んだ資源循環型の新しい生産システムの確立をめざす活発な技術情報交流を行い、21世紀のモノづくり産業のあり方を提案する。

資源循環型ものづくりの流れ図

資源循環型ものづくりの流れ図

活動内容

・資源循環型ものづくりシンポジウムへの参画
・資源循環型ものづくりに係る見学会の開催
・資源循環型ものづくりに関する講演会等の開催
・資源循環型ものづくりによる普及啓発