産学行政連携支援

人工関節研究会の概要

設立趣旨

当地域の強みであるセラミック並びに金属素材とその高度な加工技術を活用し、医工連携による共同研究や製品開発を支援し、産業振興に寄与することを目的とする。

活動内容

  • 人工関節に関する臨床報告や最新の技術情報の交換
  • セラミックス素材並びに金属素材を活用し、新たなデザイン・形状や機能を有する人工関節に関する共同研究の促進
  • 国の競争的公募事業への応募
  • アジア向け市場開拓のための調査
  • 評価技術の向上

参加メンバー(平成29年3月現在、敬称略)

■世話人

・大槻 主税 名古屋大学大学院工学研究科教授
・藤本 英雄 名古屋工業大学名誉教授
・井口 普敬 名古屋市立大学大学院医学研究科教授
・平田 仁 名古屋大学医学部手外科教授

■参加メンバーの所属(順不同)

・医薬品、鉄鋼業、非鉄金属・金属製品、窯業、機械、銀行、商社、その他
 ※15企業、6大学、3大学病院、1医療法人、3公的試験研究機関

■事務局

  公益財団法人名古屋産業振興公社 研究推進部