産学行政連携支援

開催のご案内

第29回ヒューマンインターフェイス研究会のご案内

多層の人工神経回路網(A.N.N.:Artificial Neural Network)を利用したディープラーニングは、人工知能(AI)の技術要素の一つであり、ものづくり分野にも広く利用されています。 今回の研究会では、ディープラーニングを検査に導入した実例に関する講演と、実際に人工神経回路網を体験していただく演習をおこないます。

日 時 令和元年12月4日(水曜日)13:30~
会 場 中部大学 名古屋キャンパス
(名古屋市中区千代田5-14-22 代表052-241-3300)
情報交換会/ 2号館 11階 ラウンジ
講演会・演習:6階 大ホール
情報交換会 :6階 610室
内 容 ・会長挨拶  13:30~13:35
 中部大学 工学部ロボット理工学科 教授  梅崎 太造

・講演 13:40~14:40
 「微小電子部品の外観検査
 -ディープラーニング導入に向けた取り組みと課題-」
 株式会社東京ウエルズ 沼津第二事業所 沼津技術5G
 チーフエンジニア 加藤 嗣 氏

・演習 14:50~17:00
 「3層型A.N.N.によるパターン認識の演習」
 中部大学 工学部ロボット理工学科 教授  梅崎 太造
※この演習では、各自のPCを使ってA.N.N.を体験していただきます。PCには、フリーのコンパイラとスクリーンエディタをインストールしていただきます。プログラムをインストール可能なPC(Windows7以上)とマウスをご持参ください。数字認識、図形認識、図形の重心検出、顔の識別の4モデルのソースプログラムとデータを配布して演習をおこないます。

・情報交換会 17:00~
参加費 講演会・演習:無料  情報交換会:¥2,500-(1名)
定 員 60名
申込方法 参加ご希望の方は、申込書により11月29日(金)までに、下記宛FAX、郵送またはメールでお申し込みください。
また、参加証はお送りしませんので、当日会場受付へ直接お越しください。
問い合わせ先 (公財)名古屋産業振興公社 工業技術振興部 情報交流課
〒456-0058 名古屋市熱田区六番三丁目4番41号 担当:安田
TEL:(052)654-1683 FAX:(052)661-0158
E-mail: human-interface[at]nipc.or.jp
spam対策の為に@を〔at〕に変えて表示しています。
メールする場合は、〔at〕を@に変更して下さい。